運営者プロフィール

自己紹介

はじめまして!
当サイト「リッスントーク評価.com 池田和弘の英会話CD教材」管理人・秋美(オータム Autumn)です。関東在住・41歳。外資系企業につとめているシングル女性です。
よく外資系だったら英語ペラペラなんでしょ?って友達にいわれますがそれは大きなまちがいです^^;  
私の業務は直接英語は必要ないのでこれまでスピーキングができなくても、トーイックの点数が低くてもまったく問題ありませんでした。

が、今度管理職にステップアップするための社内テストをめざすことにしたんです。そしたら、合格するためにはトーイックのテスト点数が関係してくるとわかって…(汗)。それプラス管理職に上がったらあがったで外国人とのネット会議もあるので英会話力が必須という状況に@@

自分でいうのもなんですが、リーディング(英文読解)は勉強すればなんとかなります。が、リスニングがダメでスピーキングはもっとだめ。英会話って耳でちゃんとききとれないと、話すことができないんですよね。

英語机周り画像

リッスントークはトーイックの点数をとるためには作られていないものの、これひとつでリスニング+スピーキング力がアップするということでトライ中です。トーイックの点数が高くても話せないひとはいっぱいいますからね。最初はよくある聞き流し教材かな〜とおもって興味なかったのですが日本語脳をいかした英語習得方法だということがわかり「これ、やってみたい!」と思うようになりました。

それは開発者である英語専門家・池田和弘先生が「リッスントークは、日本語脳の回路をつかって英語をしゃべれるようにする教材」としたこれまでにない新しいコンセプトでつくっていたから!! いままで、何種類か英語教材をやってきましたがそれはすべて「英語脳になりましょう」「ナチュラルスピードで聞き続ければ英語回路になりますよ」というものばかりで挫折しまくってました。

+ + +

長くなってしまいましたが、そんな私がリッスントークを1年間やってみてどう変わったのか。ちゃんとナチュラルスピードで違和感なく話せるようになったのか。口コミ体験談、評価(メリットデメリット)をレビューしていきます。よかったら読んでみてくださいね^^

>>リッスントーク VS 教材比較はこちら<<

ページの先頭へ